Mark Glasses Consulting > Frequently Asked Questions

■ ご 案 内
眼病疾病等の国家医師免許が必要な領域、 および詳細なデータがないもとでの度数関連のコメントにつきましては 法律上の観点もあり行うことができませんので、予めご了承ください。

こちらでは、開設以来みなさまから寄せられた質問の中から頻繁に出てきたものをピックアップしたものです。

 ■Qestion 1// 左右で視力が大きく違う場合の問題

近視の度数は物を小さく見せる度数とも言えます。そうしますと、片側だけに強い度数が入った場合、右で見る時と左で見る時で物の大きさが違ってきます。 そのため、両眼視した際に強い違和感が出ることが多いようです。

※コンタクトは、度数による大きさの変化が出ませんのでこの違和感はありません。

<<<対応>>>
バランスに馴れるしか基本的にはないと思います。(ちょっと苦痛ですが・・・) この場合、 ケースにもよりますが視力の低い方の眼の視力を無視してほとんど片眼で視野が形勢されていることもあるので、 メガネが無い方が楽ということもいえますが、

片眼の視力を完全に無視してしまうと、斜視を発生させてしまうことがあります

ので楽だからメガネ掛けないでいい・・・ということのないようにお勧めします。 この場合は、特に最初の場合は専門医の処方による製作がいいと思います。


 ■Qestion 2// 肩こりがひどいのは、メガネのせいか?

眼の周囲の筋肉と肩の筋肉は繋がっています。よって眼の周囲の筋肉に緊張や疲労が生じると肩こりの発生に繋がります。

<<<対応>>>
眼の周囲の筋肉が疲労・緊張しやすいのは、近業視の時です。 眼の視点を近くに寄せるために筋肉が一生懸命働いていますのでこれをメガネが手助けするようにしましょう。 つまり、運転など遠くを見ることを重視したメガネのまま近くを見ると、眼に大きな負担となります。よって近くを見るときは弱い度数のものに掛けかえると眼の負担は減らせます。 つまり、メガネが原因の肩こりであれば解消するかもしれません。


 ■Qestion 3-1// フレームはそのまま使いたいので、レンズのみの交換はできますか?

できます。ただ次の点に注意してください。

・セルロイドフレームの場合は素材の劣化で入れ替え不可能の場合があります。
・片眼のみの場合、経年変化などで変色していると見栄えがよくないです。
・レンズの様式(非球面・球面)を変えてしまうと、度数が同じでも視界は異なります。


 ■Qestion 3-2// フレームが壊れたので、レンズを他のフレームに入れ替えられますか?

できます。が物理的に以前のメガネよりも小さくなければなりません。次の事項に注意してください

・レンズの中心、眼とレンズとの距離などが変化しますので視界は同じになりません。
・フチナシの場合は ほとんど不可能
・メインのメガネには不向きなので、あくまでも緊急用と考えてください。


 ■Qestion 4// いい店舗を教えてください。

大手チェーン店は、大量仕入による低価格が絶対的な「売り」です。価格でいくなら量販店に限ります。品揃えについては、ほとんど変わりないと思いますが、特定プランドを求めて行く場合は取扱会社が限られているので事前に電話で確認してみてください。

逆に、個人店の場合は種類が多いということが「売り」です。確かに店舗によってなので一概に断定できませんが、メガネフレームというものは、そもそも大量生産されているものは少ないのです。ですから量販店で例えば300店舗あったとしたら、300本仕入ても1店舗1本しかないわけです。しかし、個人店ではそれはありませんので 個性的なものなどは個人店の方が見つかりやすいかもしれません。

サービスで言うと、店舗というよりも店員単位なので「人」で判断するしかないです。 ただ、都心部などで忙しい店舗へ行ってしまうと、物理的に貴方と話をする時間が少なくなりますので事務的になることが多いと思います。


 ■Qestion 5// フチナシのネジの緩み

ツーポイントは、ネジだけでレンズを支えてしますから、フレームの歪みがそのままレンズのぐらつきに繋がってしまいます。ですから片手の取り外しをした場合、一発で緩みます。緩まなかったら運がよかったと思って下さい。また、乱雑な扱いで、ネジ止めの穴をえぐっていることもあります。この場合は、治りません。
 ■Qestion 6// コンタクト併用者のメガネの検眼

コンタクトを併用している場合、メガネ度数を計測する日は絶対にコンタクトを付けないこと。目の表面に圧力がかかったり、涙の作用がかかってしまい正確な度数は100%期待できません。販売店は売りたい心理から受けるでしょうが、100%失敗しますからしないように。

また、使い捨てを何日も使用したり、古いハードコンタクトを長期使用していた場合角膜表面があれている可能性が極めて高く、販売店の検査が不可能な場合が多いですから、その様な場合は眼科で診断をうけて下さい。


Copyright (C) 1996-2017 Five Leaves All Rights Reserved.