Mark Glasses Consulting > <近視のメカニズム


■ ご 案 内
眼病疾病等の国家医師免許が必要な領域、 および詳細なデータがないもとでの度数関連のコメントにつきましては 法律上の観点もあり行うことができませんので、予めご了承ください。

 ■ 近 視 の し く み   Mechanism of Myopia

近視といってもそれがどういう事なのか、正確に知っている方は少ないもの・・・ちょっと触れておきますね。まず下の図を見て下さい。


−−正視状態−−
正面から来た光が眼のレンズ機能だけで(正確に言うと水晶体の機能)視神経の先端に焦点が合っている状態です。これならば問題はありません。

※一見、視神経にあたってないようにみえますが、光刺激を捉えているのは正確には視神経のくぼみ(視神経乳頭)ではなく、黄斑部中心渦なのでこの図の位置となります

上の図と比較してみて下さい。焦点が、視神経の手前になってしまい、視神経には光が正確に当たっていないことに気づかれると思います。これが近視の状態なのです。そのため視神経には拡散された光線が来る為、ものがぼやけてしまうのです。
−−近視状態−−
 ■ 近 視 の 原 因   Cause of myopia

近視とは、 「視神経の手前に光の焦点ができてしまっている状態」のことです。 ここでは、その原因を考えてみたいと思います。

1----眼の屈折力が強すぎる(眼が光を曲げすぎる)
2----眼の大きさが大きい

※このような状況を作り出す要因の中には、円錐角膜や水晶体脱臼、白内障、糖尿病、外傷による眼球変形なども考えられますので、特に初めてのメガネは眼科医診断を受けられることをお奨めします。


原因1----眼の屈折力が強すぎる(眼が光を曲げすぎる)について。
ほとんどがこのタイプの原因なのです。たとえば、 「近くのものばかり見ていると近視になりやすい」 という常識があります。 これは正しいと思います。近くばかりを見ていると、眼は焦点を近くに寄せようと一生懸命眼を膨らませます。そうすると、 当然、内側の焦点も前に寄ってきてしまいます。それをいつもやっていると、眼がそれに順応してしまい、膨らんでいることが普通になってしまいます。 その為に近視状態になってしまうのです。(専門的には屈折性近視という) また、このタイプの近視は高校以上の年齢からはじまることが多く、進行は遅い。

この知識からのワンポイントアドバイス!!
近くを見る時はメガネを外すか、弱めのメガネを使うことが、度数の進攻を緩和します。(強度の場合はこの限りではありません)


原因2----眼の大きさが大きいについて。
光を曲げる力がどんなに正常であっても 視神経が奥まったほうにあったら光は視神経に届きません。 これは遺伝による要因がほとんどで、予防、治療はほぼ困難となります。また、 これは比較的若年で発生した場合、体の成長とともに近視が進む為、スピードが速く度数も強度になりやすい。 (専門的には軸性近視 という)
※簡単なまとめ
  • 若年よりの近視は進みが速く度数も強度になる傾向がある。
  • 18才前後よりの近視はスピードは遅く度数も若度で済む傾向がある。

    ただし、近業が多い職業の方などは例外となるケースが多い。

     ■ 近 視 の 矯 正   Correct myopia


    −−矯正正視状態−−
    どちらの原因にせよしなければならないのは、焦点を後ろに持っていかないと光は視神経に焦点を合わせないってことなんです。

    その為には、眼に光が入る前にちょっと拡散させると焦点が後ろに下がります。ここを詳しく説明すると専門的になっちゃうので、しませんけど、わかりやすくする為に図だけ載せておきます。

    ※パープルのものは、メガネのレンズと思ってください。


  • Copyright (C) 1996-2017 Five Leaves All Rights Reserved.